脱毛は何のため?誰のため?

脱毛は何のため?誰のため?

日本人の女性98%は、何らかのやり方でムダ毛処理をおこなっているはずです。

 

その結果に、真夏にワキ毛を伸ばしたままにしている方を見かけることは現代では、ほとんどなくなりました。

 

他には、口の下のヒゲや顔のウブ毛を剃ったり、

 

眉毛を抜いたり、ワキ毛を抜いたり、ウデや脚の毛をなくす努力をしたり、

 

ムダ毛処理に費やす時間と期間にタメ息は出るものの、

 

気になるムダ毛をそのまま放置しておくことはないはすです。

 

しかし、どこいらの毛を「ムダ毛」と呼ぶかには個人間差異があります。

 

ヒザ下は対処してもウデの毛はそっくりそのままでも気にならないという人にとって、

 

ウデの毛は、「ムダ毛」ではありません。

 

次に、第三者から見れば気にしなくても、

 

神経質なぐらいムダ毛処理にこだわっている人も決して少ないわけではないです。

 

では、ムダ毛処理は何の動機で、そして誰が何のために処理しているのでしょうか?

 

「他の人の目線が気になるから?」もしくは「ムダ毛のある私には自信がもてないから?」

 

ムダ毛処理をする訳もまた、ムダ毛の理解と同様に個人差があるものだと思います。

 

永久脱毛したいとサロンを訪れる女性に、

 

なぜ永久脱毛をしたいのかと聴けば、さまざまな返答が返ってきます。

 

そのどれもが、正解なのです。「見た目がきれいになりたいから」「自己処理から救出されたいから」

 

それがその人がムダ毛をなくしたいと思う動機で、仮にそれが自己満足であろうと、

 

他者から見たらひとりよがりだと思えたとしても、それをNoと言えることは誰にもできません。

 

脱毛は、そういう部類ものなのです。しかし、脱毛をおこなうサロンは、

 

その人に適合した最適なやり方で効率よく脱毛をし、

 

自己処理の手間や悩みからときはなして手助けをしてあげる場所です。

 

時には、思い違いの大きすぎる人に打ち合わせをしたり、迷っている人に相談にのったり、

 

交互にコミュニケーションを取り合いながら、いちばんいい結果を導き出していく地点なのです。

 

医師と脱毛患者のコミュニケーションを図る上で、

 

患者さん自身に脱毛の理解があれば、よリスムーズに打ち合わせが進みます。

 

ワンフレーズで脱毛といっても、毛の仕組みや生え代わる周期(毛周期)などが深く関係してきます。

 

若干でもこのことを知っていれば、医師の脱毛話を充分に理解し、

 

わからない事はきっちりと質疑して、自分自身が納得できるための脱毛をおこなうことができるのです。